【話題沸騰!】コンビニで買えるナッツバー「ビーカインド」4種類を食べ比べ!

ナッツバー 食べ比べ
この記事の内容
コンビニで買える「BE-KIND(ビーカインド)」の『カラダよろこぶナッツバー』。4種類あるこの話題のナッツバーを実食レビューしました!

「BE-KIND(ビーカインド)」の『カラダよろこぶナッツバー』とは?

ビーカインドナッツバー 4種類

“人々を少しでも優しい気持ちにしたい”という思いで作られている「BE-KIND(ビーカインド)」の『カラダよろこぶナッツバー』。

厳選されたナッツを丸ごと使っており、自然でほんのりした甘さと、素材本来の味わいが楽しめるナッツバーです。

日本ではあまり有名ではないかもしれないかもしれませんが、BE-KIND(ビーカインド)は全米No.1売上のナッツバーにもなっています(IRI 栄養調整食品コンビニ累計販売金額(2019/5/182020/5/17))。 

そんな「BE-KIND(ビーカインド)」の『カラダよろこぶナッツバー』ですが、現在4つの種類が発売されています。

ローソン、ファミリーマート、セブイレブンで買う事ができます。 

ビーカインドの『カラダよろこぶナッツバー』4種類を食べ比べ!

ビーカインド ナッツバー

現在、購入することのできるビーカインドの『カラダよろこぶナッツバー』は以下の4種類。

  1. メープル ペカンナッツ&シーソルト
  2. ダークチョコレート アーモンド&シーソルト
  3. ラズベリー&チアシード カシューナッツ
  4. キャラメル アーモンド&シーソルト

ひとつずつ実食レビューしていきます!

カラダよろこぶナッツバーは、どの種類も「素材まるごと」「食物繊維が豊富」「素材由来のたんぱく質」「低GI」ということは変わりません。 

メープル ペカンナッツ&シーソルト

ビーカインド ナッツバー
原材料 ペカンナッツ、アーモンド、ピーナッツ、フラクトオリゴ糖、はちみつ、水あめ、ライスパフ(米粉、砂糖、食塩)、メープルシロップ、海塩、イヌリン、ピーナッツバター、アーモンドバター/香料、乳化剤、(一部に乳成分・ピーナッツ・アーモンド・大豆を含む)
栄養成分 エネルギー:228kcal
たんぱく質:5.8g
脂質   :17.5g
炭水化物 :13.7g
食塩相当量:0.2〜0.6g
価格 246円(税込み)

シーソルトの塩味とメイプルシロップの上品な甘さのバランスが抜群のナッツバー

原材料を見れば分かるとおり、ペカンナッツが一番多く含まれています。ペカンナッツは、アーモンドやカシューナッツなどに比べると認知度が低いですが、ナッツ類の中でも特に多く抗酸化物質を含んでいるナッツです。

エグみのないクルミのような味なので、苦手な人はあまりいないかと思います。

4種類の「カラダよろこぶナッツバー」の中で、一番噛みごたえがあります。(ほかの種類もなかなかの噛みごたえはありますが・・・)

ダークチョコレート アーモンド&シーソルト

ビーカインド ナッツバー
原材料 アーモンド、ピーナッツ、チョコレートコーチング、フラクトオリゴ糖、はちみつ、水あめ、ライスパフ(米粉、砂糖、食塩)、海塩、イヌリン、ピーナッツバター、アーモンドバター/乳化剤(大豆由来)、香料
栄養成分 エネルギー:207kcal
たんぱく質:6.3g
脂質   :14.1g
炭水化物 :15.8g
食塩相当量:0.2〜0.7g
価格 246円(税込み)

ぎっしり詰めてられたナッツの上に、ビターチョコレートがたっぷりとかかったナッツバー

めちゃくちゃ甘そうに見えますが、ダークチョコというだけあって甘さはあまりないです。それでいて、嫌な苦味はなく全体的にマイルドな味わい…!

チョコレートというよりは「カカオ」を味わうって感じのナッツバーですね。シーソルトもしっかりと効いているので、キリッとしまっている印象を受けました。

ラズベリー&チアシード カシューナッツ

ビーカインド ナッツバー
原材料 アーモンド、カシューナッツ、乾燥クランベリー(クランベリー、砂糖)、フラクトオリゴ糖、ピーナッツ、はちみつ、水あめ、ライスパフ(米粉、砂糖、食塩)、乾燥ラズベリー、チアシード、イヌリン/香料、乳化剤、(一部に乳成分・ピーナッツ・アーモンド・カシューナッツ・大豆を含む)
栄養成分 エネルギー:192kcal
たんぱく質:5.8g
脂質   :11.4g
炭水化物 :19.0g
食塩相当量:0.02〜0.1g
価格 257円(税込み)

ほかの「カラダよろこぶナッツバー」に比べて「しっとり感」が強めです。また、ラズベリーやクランベリーが使われているので、程よい甘酸っぱさがたまりません!

またカシューナッツもふんだんに使われているので、アーモンドとは違う風味や噛みごたえが楽しめます。

爽やかなベリー系の味とカシューナッツのまろやかさは抜群の相性で、他では味わえないようなナッツバーに仕上がっています。

キャラメル アーモンド&シーソルト

ビーカインド ナッツバー
原材料 アーモンド、キャラメルコーティング(植物油脂、砂糖、脱脂粉乳、全粒乳)、フラクトオリゴ糖、はちみつ、水あめ、ライスパフ(米粉、砂糖、食塩)、海塩、アーモンドバター、ウーロン茶パウダー/乳化剤、香料、(一部に乳成分・ピーナッツ・アーモンド・大豆を含む)
栄養成分 エネルギー:218kcal
たんぱく質:6.8g
脂質   :16.4g
炭水化物 :13.1g
食塩相当量:0.2〜0.5g
価格 246円(税込み)

アーモンドのザクザク感と、ねっとり甘いキャラメルコーティングがたまらないナッツバーです。

今回紹介した中で、一番甘みがある様に感じました。濃厚なキャラメルコーティングは、ほのかな塩味が感じられめちゃくちゃ美味しい。(隠し味?にウーロン茶パウダーが入っています)

個人的に一番好みは、この「キャラメル アーモンド&シーソルト」でした。

このナッツバーとコーヒーがあれば、ほっと一息つける幸せな時間になります。

4種類の「カラダよろこぶナッツバー」の栄養成分を比較

ビーカインド ナッツバー
商品名 メープル ペカンナッツ&シーソルト ダークチョコレート アーモンド&シーソルト ラズベリー&チアシード カシューナッツ キャラメル アーモンド&シーソルト
パッケージ メープル ペカンナッツ&シーソルト ダークチョコレート アーモンド&シーソルト ラズベリー&チアシード カシューナッツ キャラメル アーモンド&シーソルト
エネルギー 228kcal 207kcal 192kcal 218kcal
たんぱく質 5.8g 6.3g 5.8g 6.8g
脂質 17.5g 14.1g 11.4g 16.4g
炭水化物 13.7g 15.8g 19.0g 13.1g
食塩相当量 0.2~0.6g 0.2~0.7g 0.02~0.1g 0.2~0.5g

どれを買おうか悩んでいる人で、なるべくヘルシーな物がいい人には「ラズベリー&チアシード カシューナッツ」がおすすめです。

カロリーが低く、食塩も他に比べて控えめなのが嬉しいところですね。

個人的には「キャラメル アーモンド&シーソルト」のおいしさを味わっていただきたいです…!

まとめ

コンビニで買える「BE-KIND(ビーカインド)」の『カラダよろこぶナッツバー』4種類について解説しました。

正直言って246円・257円(税込み)といい値段はしますが、その価値があるくらい美味しいナッツバーだと思います。

お近くのコンビニに行った時に、見つけたらぜひ買ってみて下さいね!

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、Newdays、デイリーヤマザキで取り扱っています。(店舗によっては取り扱いがない場合があるので注意してください)
エブリデイナッツ

エブリデイナッツはコスパ最強!コンビニのミックスナッツと徹底比較してみた

2021年3月7日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です