サラダチキンの保存方法や賞味期間は?少しでも長く保存するコツも!

サラダチキンおすすめの保存方法

「サラダチキンの保存方法による賞味期限は?」
「サラダチキンを上手に保存する方法は?」
「サラダチキンを食べれるか判断する方法は?」

この記事では、このような疑問に回答していきます!

手作りサラダチキンの保存方法と賞味期限は?

サラダチキン

サラダチキンの保存方法別賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

サラダチキンを保存する方法は、一般的な食材と同じく下記の3つとなります。

・冷蔵保存での賞味期限
・冷凍保存での賞味期限
・常温保存での賞味期限

それぞれの賞味期限をみていきましょう。

1.冷蔵保存での賞味期限

冷蔵庫での賞味期限は、気温の高い夏であれば2〜3日ほど、気温の低い秋・冬・春であれば3〜5日ほどが賞味期限の目安になります。

特に気温の高い夏場はサラダチキンが非常に痛みやすいです。冷蔵庫の開閉回数や冷蔵庫の設定温度を下げるなど、少し工夫すれば、長持ちしやすくなります。

2.冷凍保存での賞味期限

冷凍庫での賞味期限は、季節に関係なく1ヶ月ほどです。

冷凍すれば何ヶ月も持つと思われがちですが、実は冷凍保存している期間でもサラダチキンの品質は落ちています。2週間を目安に出来るだけ早く食べることをおすすめします。

3.常温保存での賞味期限

サラダチキンは常温保存できません

そもそも常温保存しようと考える方はいないと思いますが、サラダチキンが完成してから食べるまでに数時間空いてしまう場合でも冷蔵庫に入れておくことがおすすめです。

特に夏場はすぐにお肉が傷んでしまいますので気をつけましょう。

手作りサラダチキンを上手に保存するコツ

サラダチキン

サラダチキンの保存期間を少しでも伸ばすための上手な保存方法を紹介します。

  1. サラダチキンを素手で触らない
  2. 粗熱を取ってから保存する
  3. しっかりと密閉して保存する

それぞれのコツについて詳しく確認していきましょう。

1.サラダチキンを素手で触らない

自分ひとりやご家族が食べるためにサラダチキンを作っている場合、素手でそのまま触ってしまうことも多いですよね。

しかし、保存する前に素手で触ってしまうとサラダチキンに雑菌が移ってしまい、正しく保存していても賞味期限が短くなってしまいます。

対策は、ゴム手袋をつけてからサラダチキンに触ることです。

サラダチキンを保存するためだけにゴム手袋をわざわざ購入するのは、少しもったいないと思う方もいるかもしれません。ただ、ゴム手袋は他の食材を保存するときにも雑菌増殖を防ぐために使えますし、ハンバーグや揚げ物などのときにも活躍する優れものです。

キッチンに置いておけば重宝すること間違いなしでしょう。

2.粗熱を取ってから保存する

サラダチキンを保存する前には、粗熱をとってから冷蔵庫に入れることもおいしく保存するコツです。

サラダチキンが完成した直後、熱を冷まさずにそのまま冷蔵庫に入れてしまうと急激な温度変化によってサラダチキンに凝縮されている旨味成分が漏れ出してしまいます。

ですので、少しでも美味しく食べたい方は粗熱を取ってから冷蔵庫に入れるようにしましょう。

3.しっかりと密閉して保存する

サラダチキンに限ったことではありませんが、お肉類を保存するときはなるべく空気に触れないように密閉して保存することが大切です。

ラップだけをして保存する方も多いと思いますが、それだと不十分な場合が多いのでラップをしてからさらにジップロックなどに入れて保存するようにしましょう。

ジップロックの中の空気をしっかりと抜くのもポイントですよ。

サラダチキンが食べれるかの判断方法

サラダチキン

サラダチキンの賞味期限となる目安はお伝えしましたが、保存してからの期間を忘れてしまうことも多いでしょう。

そんな時に、サラダチキンが食べられるか食べられないかの判断ができるポイントは、下記の3つです。

  1. 見た目で判断する
  2. 匂いで判断する
  3. 味で判断する

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

1.見た目で判断する

サラダチキンが腐ってしまうと、表面に黒い斑点のようなものができてしまいます。

黒い斑点がある場合は、サラダチキンに付いている血液が変色している場合と腐敗が進んでいるパターンの両方があります。

血液が黒くなっている場合は食べても問題ありません。異臭な粘ついた肉質などと同じタイミングで黒い斑点が出ている場合はサラダチキンの腐食が進んでいる場合が多いので食べないようにしましょう。

2.匂いで判断する

サラダチキンの腐敗が進んでしまうと、酸っぱい匂いを放つ場合が多いです。

少しでも異臭を感じたのであれば食べないことをオススメします。

3.味で判断する

見た目や匂いに異常を感じなくても、サラダチキンの腐敗が進んでいる場合もあります。

その場合は、下に触れたときに「酸っぱい」「苦い」などの通常のサラダチキンから感じることのない味の異変を感じるのです。

口に入れて少しでも味に異変を感じたのであれば、すぐに吐き出して食べないようにしましょう。

まとめ

手作りサラダチキンの保存方法と保存するときの注意点を紹介しました。

サラダチキンは、低カロリー・高タンパクでダイエット中の女性や筋トレをしてる男性からも人気が高い食材ですが、保存方法をしっかりとしないとすぐに悪くなるので注意してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)