なぜおせちは高い?理由と料金を安く抑えるための方法を紹介!

おせちはなぜ高い?

「おせちはなぜあんなに高いのでしょうか?」

そんな疑問にお答えします!

おせちはなぜ高いの?2つの理由を紹介

おせち

おせちの大体の相場は、以下の通りです。

人数 相場
2〜3人 8,000~20,000円
3〜5人 15,000~25,000円
5〜6人 30,000~50,000円

多くの場合は2万円前後かかります。そこまで高級な食材が使われていないのに、なんでこんなに高いのでしょうか?

主な理由として以下の点が考えられます。

  1. 縁起物だから
  2. 調理工程に手間がかかるから

1.縁起物だから

おせちが季節の節目に食べる「縁起物」であることは、大きな理由といえるでしょう。ご存知の通り、おせちに入っている食材にはそれぞれ意味があり、縁起が担がれています(黒豆は「マメに働いて暮らす」、数の子は「子孫繁栄」など)。

古くからの風習であり「縁起物」なので、多少値段が張っても需要がなくなることはありません

なんとなく正月になったらおせちを食べるのが当たり前となっており、多少高くても「一年に一回だから仕方ないか…」と購入を決めている人がほとんどではないでしょうか。

2.調理工程に手間がかかるから

家庭で作ってみるとわかりますが、おせちをしっかり作ろうとするとかなり手間暇がかかります

本来おせちは、出来合いのものを買うのではなく、家庭で作るものでした。ただ近年では、多種多様なおせちが売っており、おせちを作る家庭はかなり減っています。

おせちを作る手間を考えると、多少高くても購入するという人が多いのはないでしょうか。

そもそもいい食材を使っており、材料費が高いということもいえます。いい食材を手間ひまかけて調理すれば、それなりの価格になってしまうのは仕方ないかもしれませんね。

おせちをなるべく安く済ませたい場合は?

おせち

おせちをなるべく安くしたい場合は、どうすればいいのでしょうか?

安く済ますには2つの方法があります。

  1. 自分でおせちを作る
  2. 早めに注文しておく

1.自分でおせちを作る

自分でおせちを作れば、かなり安く済みます。

重箱に入った立派なおせちを作るのではなく、主要な「祝い肴」を作るだけでも十分でしょう。

栗きんとんやブリの照り焼きなどは、比較的簡単に作れますし、食材費もそこまで高くありません。手間はかかりますが、安く済ませたい人は、お手製のおせち料理を作ってみるのもいいかもしれませんね。

作るのが難しいものは、スーパーなどで個別に買うのもおすすめです。

2.早めに注文しておく

実は、早めに頼めば安くなる早割を実施しているおせちメーカーもあります。

たとえば匠本舗の料亭おせちでは、早割を適用すれば最大26,000円OFFでおせちが購入できます!2ヶ月前や3ヶ月前におせちを注文すれば、かなりお得に購入できるんです。

直前に買うのは大幅に損をしてしまいますね…。いつも正月ギリギリにおせちを頼んでいる人は、なるべく早めに注文して少しでもお得に購入しましょう。

\早割!最大26,000円OFF
匠本舗の料亭おせち

まとめ

おせちがなぜ高いのかを解説しました。

おせちが高い理由
・縁起物だから
・調理工程に手間がかかるから

おせちを少しでも安く済ませたい人は、自分でおせちを作るか、早割を実施しているおせち通販を利用するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)