アーモンドミルクの危険性とは?添加物の多いものに注意!

アーモンドミルク 危険

いま注目されているアーモンドミルクですが、このようなことにお悩みではないですか?

「アーモンドミルクって危険性はないの?」
「アーモンドミルクには何が含まれているの?」

実は、市販で売られているアーモンドミルクでは、思ったような効果が得られないだけではなく、カラダへの悪影響も懸念されます

この記事では、アーモンドミルクの危険性について紹介していきます。

そもそもアーモンドミルクとは?

アーモンドミルク

アーモンドミルクとは、ミキサーなどで砕いたアーモンドを水でこした飲みものです。

乳白色をしているので「牛乳が入っている?」と勘違いされる場合も多いですが、主な原料はアーモンドと水の2つとなっています。

最近は、美容のためにアーモンドミルクを飲んでいる人も多く、注目が集まっていますよね。

アーモンドミルクの危険性

アーモンドミルク 危険性

アーモンドミルクには美容・健康に良いたくさんの効果があります。ただし、市販で売られているアーモンドミルクにはさまざまな危険性が含まれていることも・・・。

アーモンドミルクの危険性は主に以下の3つです。

  1. タンパク質が少ない
  2. 砂糖が使用されている
  3. 添加物が多く使用されている

それぞれの危険性について解説していきます。

1.タンパク質が少ない

アーモンド自体にはタンパク質は含まれていますが、アーモンドミルクにする過程でタンパク質の多くが失われてしまいます

コップ1杯あたりにすると、タンパク質は1g未満となっており牛乳や豆乳に比べて1/8ほどになってしまうのです。

アーモンドミルクを飲むことで、タンパク質を摂取していると勘違いしてしまわないように気をつけましょう。

2.砂糖が使用されている

市販で売られているアーモンドミルクには、砂糖をはじめとした多くの糖分が使用されています。

特に「ダイエット目的」や「美容目的」でアーモンドミルクを飲む場合は、本来得られるはずの効果が砂糖によって阻害されてしまう可能性も・・・。「砂糖不使用」や「無糖」のアーモンドミルクを選ぶようにしましょう

3.添加物が多く使用されている

アーモンドミルクでもっとも気をつけないといけない危険性は、さまざまな添加物が使用されていることです。

市販のアーモンドミルクには、下記のような添加物が含まれている場合があります。

  • 保存料
  • 着色料
  • 香料
  • 乳化剤
  • 増粘安定剤

このような食物添加物の使用には安全基準が設けられていますが、摂取しないことに越したことはありません。

アーモンドミルクに含まれる危険性のある食物添加物

添加物

先ほどお伝えした食物添加物の中でも、特に危険性のある食物添加物は下記の2つです。

  1. 乳化剤
  2. 増粘安定剤

それぞれの食物添加物について紹介していきます。

1.乳化剤

乳化剤は、「水と油」のような混じり合わないものを、均一に混ざりやすくする食品添加物です。

石鹸などに使用されている「活面活性剤」と同じ構造をしているため、「食べる活面活性剤」と呼ばれることも・・・。

この乳化剤は、パンやマーガリンなど私たちの身近にたくさん使用されています。ただ、水環境学会誌の論文によると「赤血球の破壊」や「ミトコンドリアの呼吸阻害」などの人体への悪影響が報告されており、これにより「貧血」「肝不全」「老化」「不妊」などの可能性が高まると発表されました。

2.増粘安定剤

増粘安定剤とは、食品にとろみを付けたり固形にしたりするために使用される食品添加物のこと。

増粘安定剤にはさまざま種類が存在しており、ペクチン・キサンタンガム・カラギーナンの3種類が食品ではよく使用されます。

増粘安定剤は「天然由来の食物添加物」ですが、安全とは言い切れないのです。

特にカラギーナンの原材料は遺伝子組み換えが行われたトウモロコシとなっており、「胃潰瘍(いかいよう)」や「発がん性」との関連性も懸念されています。

可能な限り増粘安定剤の摂取は控えた方がいいでしょう

危険性の少ないアーモンドミルクの選び方

アーモンドミルク 危険性

ここまでアーモンドミルクの危険性についてお伝えしてきました。では、どのようなアーモンドミルクを選べば良いのでしょうか?

危険性の少ないアーモンドミルクのオススメの選び方は以下の2つです。

  1. オーガニックのアーモンドミルクを選ぶ
  2. アーモンドを食べるようにする

それぞれの選び方についてご紹介していきます。

1.オーガニックのアーモンドミルクを選ぶ

アーモンドミルクを選ぶときは、オーガニックのアーモンドが使用されていて、なおかつ「食物添加物」や「砂糖」などの余分な成分が使用されていないことを確認しましょう。

個人的なおすすめは「ブリッジ 有機アーモンドドリンク」。有機JAS認定も受けている商品です。

2.アーモンドを食べるようにする

市販のアーモンドミルクはどうしても余分な成分が含まれている場合が多いです。また、オーガニックなアーモンドミルクは価格が少し高め・・・。なので、アーモンドをそのまま食べることもオススメです。

アーモンドミルクにすることで栄養分を吸収しやすくなると言われていますが、アーモンドを食べることでも同様の効果が期待できます

アーモンドミルクを正しく選べば危険性はナシ!

アーモンドミルクの危険性について紹介していきました。

アーモンドミルクは美容・健康に良いからといって、市販で売られているものを成分も見ずに購入するのは危険性が高くなってしまいます。

しっかりと成分をチェックして、なるべくオーガニックのアーモンドミルクを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です