Uber Eatsとmenuどっちがお得?徹底比較してわかった本当のおすすめ!

ubereats vs menu

Uber Eats(ウーバーイーツ)」と「menu(メニュー)」どっちがお得なの?

どちらもCMなどでも見かける有名なサービスですが、どっちの方がお得なデリバリーサービスなのか気になりますよね・・・。

そこで今回の記事では、Uber Eatsとmenuをあらゆる視点から徹底的に比較して本当のおすすめをお伝えします!

結論!シチュエーションによって使い分けよう!

結論を先にいうと、「Uber Eats」と「menu」をシチュエーションによって使い分けるのが一番お得です。

Uber Eats
  • 料理料金が2,000円以下で収まる場合
  • menuが提供していないエリアの場合
  • 好みのお店が配達手数料になった場合
menu
  • 料理代金が2,001円以上の場合
  • 東京23区在住の場合
  • 早朝や深夜にも注文したい場合
Uber Eats(ウーバーイーツ ) 出前/デリバリー注文
Uber Eats(ウーバーイーツ ) 出前/デリバリー注文
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ
今だけ!クポーポンコードで初回注文1,000円オフ!
Uber Eatsではお得なキャンペーンを実施しています。以下のクーポンコードを注文時に入力すると、初回注文が1,000円オフになります!ぜひご活用くださいね!
クーポンコード:interjpq2206jqtn
menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
開発元:menu, Inc.無料posted withアプリーチ

この結論の根拠となった比較をみていきましょう!

  • 提供エリアの広さ
  • 料金
  • サービス面(使いやすさ)

の順番で比較していきます。

Uber Eatsとmenuを提供エリアの広さで比較!

uber menu エリア

サービスの提供エリア内じゃないと、いくら安くて使いやすくても意味ないですよね。

なので、まずは「Uber Eats」と「menu」のエリアを比較していきます。

提供エリアの広さは「Uber Eats」の圧勝!

まず結論からいうと、提供エリアの広さは「Uber Eats」の圧勝です。

以下の比較表をみてください。

提供エリア(2020年10月現在)
Uber Eats menu
東京・千葉・川崎・埼玉・宇都宮・横浜・岡山
・久留米・宮崎・京都・金沢・熊本・広島・高崎
・高松・札幌・鹿児島・松山・新潟・神戸・静岡
・仙台・大阪・大分・長野・名古屋・奈良・那覇
・姫路・浜松・富山・福岡・福山・北九州
計:34都市
東京・大阪・横浜・名古屋・京都・福岡・熊本
計:7都市

提供エリアは、Uber Eatsが34都市、menuが7都市となっています。どちらのサービスも提供エリアは拡大していますが、現時点(2020年10月)ではUber Eatsの方が全国のいろいろな都市で使えるようですね。

ウーバーイーツ使い方 アイキャッチ

【初心者必見】Uber Eatsの使い方を誰でもわかるように解説!

2021年1月12日

東京23区では「menu」に軍配

しかし、東京だけをみるとmenuに軍配が上がります

2018年からサービスをスタートさせた「menu」は、東京23区を中心に加盟店舗数を伸ばしていました。なので、今でも東京23区では掲載店舗数がトップクラスです

さらに最近は、テレビCMなどの大掛かりなプロモーションも次々に打ち出しているので、今後全国に提供エリアが広がっていくかもしれませんね。

Uber Eatsとmenuを料金体系で比較!

uber menu 料金体系

一番気になるのは料金ではないでしょうか?

料理自体の料金はどちらも同じですが、配送料やサービス料金によって意外なほど料金差が出てしまいます・・・

料理代金が2,000円以内は「Uber Eats」、2,001円以上は「menu」

料理代金が2,000円以内なら「Uber Eats」、2,001円以上は「menu」を選ぶようにしましょう!

なぜそのような選び方になるのでしょうか?それには「サービス料」と「配送手数料」の違いが関係しています。

Uber Eats menu
サービス料 料理代金の10% なし
配送手数料 50円〜500円 300円〜550円
少額注文手数料 700円未満の場合+150円 1,000円未満の場合+150円

料金の比較表をみてもらえばわかるように、「Uber Eats」はサービス料金が10%かかる代わり配達手数料は安い傾向があります。一方で「menu」は、サービス料金が無料で配達手数料は高い傾向があります

なので料理代金が高ければ高いほど、「Uber Eats」のサービス料10%が効きます・・・。

実際に同じ店の同じ商品を比べて比較してみましょう!

まずは1,250円の料理だけ購入してみる

uber meu

全く同じ店ですが、配達手数料が「Uber Eats」は100円、「menu」は300円となっており200円の差がありますね。

uber menu

1,250円のガパオライスを購入しました。

uber menu

料金の確認ページにいくと、「Uber Eats」は1,475円、「menu」は、1,550円となりました。「Uber Eats」の方が75円お得な事が分かりますね。

続いて2,500円分の料理を購入してみると・・・

同じ店でガパオライス(1,250円)とサーモンアボガドライスプレート(1,250円)の合計2,500円分の料理を買ってみると・・・

uber menu

「Uber Eats」は2,850円、「menu」は、2,800円となりました。「menu」の方が50円お得な事が分かりますね

このように料理代金が大体2,000円を超えると、「Uber Eats」のサービス料が重く効いてくるのでmenuの方がお得に注文する事ができます。

なので注文するときは、

  • 2,000円以下の料理代金→Uber Eats
  • 2,001円以上の料理代金→menu

と使い分けるようにしましょう!

Uber Eatsは配達手数料が無料の場合も!

ubereats

ちなみにUber Eatsには、配送手数料が0円になる事があります。ホーム画面を開いて少しスクロールをすると、上の画像のような画面が出てきます。

届け先の周辺に、同じお店から注文した他のユーザーがいる場合、配達手数料がかからないという仕組みです。左上のタイマー内に注文した場合に限ります。タイマーが0になると、また違う周辺のお店が表示されます。

自分好みのお店が表示された場合は、かなりお得になるので利用しましょう!

料理を選んでいる最中でも、タイマーが0に瞬間に配送手数料0円ではなくなりますので気をつけてください!

Uber Eatsとmenuをサービス面で比較!

uber menu サービス面

テイクアウトやデリバリーは何度も使うものなので、サービス面(使いやすさ)も重要な比較ポイント。「注文しにくい・・・」「好みの店が見つけにくい・・・」ようなアプリは使うだけでイライラしてしまいますもんね。

使い勝手は「Uber Eats」の方が使いやすい!(個人的に)

uber eats

Uber Eatsのホーム画面

Uber Eatsは、ホーム画面をスクロールしていくと色々な特集があり、自分の興味があるジャンルがすぐにみつかります

一方、menuのホーム画面は、新着情報などはありますが、全ての料理がカテゴライズなしで並べられています。なので好みの料理にたどり着くまで少し時間がかかります。(みているのは楽しいですが・・・)

menu

menuのホーム画面

またUber Eatsは、画面の下にある検索ボタンを押せば、89のカテゴリーから料理を選ぶこともできます。(menuのカテゴリー数は23)

その点でもUber Eatsの方が使いやすいと感じます。

ただし、「menu」は24時間注文可能な点が◎!

menu

ただし、menuは24時間注文できるという大きなメリットがあります!Uber Eatsは、注文できるのは9時から24時までです。

早朝や深夜でも注文できる点はmenuの方が優れていると言えます

全てのお店が24時間注文できるわけではないので気をつけてください。

まとめ

Uber Eatsとmenuを、「提供エリア・料金体系・サービス面」の3つで比較しました。

それぞれの良いところがあるサービスですが、

Uber Eats
  • 料理料金が2,000円以下で収まる場合
  • menuが提供していないエリアの場合
  • 好みのお店が配達手数料になった場合
menu
  • 料理代金が2,001円以上の場合
  • 東京23区在住の場合
  • 早朝や深夜にも注文したい場合

このように使い分けると、一番お得に使えるので試してくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ ) 出前/デリバリー注文
Uber Eats(ウーバーイーツ ) 出前/デリバリー注文
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ
menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ
開発元:menu, Inc.無料posted withアプリーチ

補足

どちらのサービスもテイクアウト可能!

Uber Eatsもmenuも、デリバリーだけではなくテイクアウトにも対応しています。

uber menu

Uber Eatsは、ホーム画面の上にある「お持ち帰り」というボタン、menuは画面下にある「テイクアウト」というボタンを押せば、テイクアウト可能な周辺のお店がマップで表示されます。

ちなみにmenuは、元々テイクアウトアプリとしてサービスをスタートしました。デリバリーを始めたのは割と最近で、2020年4月からです。

もちろん配達手数料はかかりません。それぞれシチュエーションに合わせて「テイクアウト」と「デリバリー」を使い分けましょう! 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です