雲グミが売ってる場所はどこ?生産終了ってホント?

雲グミ 売ってる場所

「雲グミはどこに売っているの?」
「雲グミの生産が終了したってホント?」

このような疑問を解決するために、本記事では雲グミの売っている場所や生産終了の真実について紹介していきます。

そもそも雲グミとは?

雲グミ

画像引用:カンロ株式会社 プレスリリース

雲グミの正式名称は「あの日夢見た雲グミ」で、ピュレグミシリーズやのど飴シリーズが代表的な商品である「カロン株式会社」が製造・販売している商品です。

フワフワモチモチの見た目や、雲ではなくヒツジやクジラなどの動物の形をした雲グミが混ざっている遊び心などが特徴。そんな雲グミが注目を集めたきっかけは、SNSやYouTubeなどで雲グミをグラスの内側に貼り付けてからメロンソーダやオレンジ色のソーダを注ぐことで、まるで空のような可愛らしいドリンクが完成するという投稿です。

この雲グミを使ったドリンクが若い世代を中心に話題を呼び、あっという間に大ヒット商品となりました。

雲グミが売っている場所は?

雲グミはどこに売っている?

画像引用:カンロ株式会社 プレスリリース

雲グミは、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・ミニストップを中心とした全国のコンビニエンスストアや駅売店などのみで限定販売されている商品です。

基本的にスーパーやドラッグストアなどでは取り扱いはありません。実際にイオンやドンキホーテなどをチェックしてみましたが、やはり取り扱いはありませんでした。

ただ、Amazonなどのネット通販では販売されています。

メルカリなどのフリマサイトでも販売されている場合もありますが、割高のことが多いのであまりおすすめしません。

ただ、最近コンビニに行ってみても雲グミを見かけることはなくなってきたので、雲グミは生産中止になったのでは?と噂されています。

雲グミは生産終了になったの?

雲グミは、期間限定で販売されている商品です。そもそも1年を通して常に販売されているというわけではありません。

さらに、カロン株式会社の公式サイトでも「※本商品は生産を終了いたしました。」という記載がされていますので、現在は雲グミの生産は終了しています。

ただ、定期的にリニューアルされており、期間限定販売を何度か繰り返されたりしています

そもそも雲グミが初登場したのは、期間限定商品として販売された2021年8月ですが、期間限定で販売されて生産数も少なかったこともあり、販売から1ヶ月後の2021年9月ごろには売り切れ報告が続出するほどの人気ぶりでした。実際にコンビニや駅売店の店頭に並んだのは1ヶ月〜2ヶ月ほどでした。

その後、雲グミはリニューアルを経て2022年1月18日には冬限定の雲グミが販売され、さらに2022年5月には通常の雲グミが再販されましたが、どちらもコンビニと駅売店限定で販売され、1ヶ月〜2ヶ月ほどで生産を終了してしまったようです。

このように、生産終了と再販を繰り返している雲グミですが、今後も再販される可能性はあるのでしょうか?

雲グミが再販されることはあるの?

気になる雲グミの再販事情ですが、再販される可能性は十分にあると考えられます。

というのも、雲グミが期間限定で売られているのは販売数を伸ばすためのブランディングとなっており、その結果として再販のたびにヒットを繰り返しており、カロン株式会社としても再販を取りやめる理由がないからです。

タイミングとしては、冬・春などの季節での再販もしくはイベントごとに関係なく再販されるかのどちらかでしょう。

カロン株式会社のTwitterでは、商品について告知をおこなっています。いち早く雲グミの情報を知りたいという方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

カロン株式会社の公式Twitterはこちら→https://twitter.com/kanro_pr

雲グミがまだ売っている場所はある?

2022年10月現在、雲グミの販売はありませんが、実はAmazonや楽天市場などの通販サイトでは雲グミがまだ売っています

ただ、これらの雲グミは公式が販売しているものではありません。数に限りがあるのでいつ売り切れるか分からない状況です。いますぐ欲しい人は、ネット通販で購入しましょう。

まとめ

本記事では、雲グミの売っている場所や再販のタイミングについてご紹介していきました。

お伝えした通り、現在雲グミの生産は終了しています。とはいえ、Amazonなどでは販売されていることが多いので、手に入れたい人は、そちらで買うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)