【ゴーストレストラン】withコロナ時代の新しい飲食店のカタチ

ゴーストレストラン

デリバリー需要が急増しているwithコロナの今、「ゴーストレストラン」という新しいカタチの飲食店が注目されています。

これからの時代増える可能性が高い「ゴーストレストラン」。今回は、そんな「ゴーストレストラン」の仕組みやメリットについて解説していきます。

ゴーストレストランとは?

ghostrestaurant

ゴーストレストランとは、その名から想像できるように「実態のないレストラン」のこと。つまり、実店舗を持つことなくフードデリバリーサービス(Uber Eatsや出前館など)を利用して商品を販売するレストランです。調理は、シェアキッチンなどを間借りして行う場合がほとんどです。

元々ゴーストレストランは、ニューヨークで生まれたサービスですが、今や世界的に増加しています。新型コロナウイルスの影響で全世界的に飲食店がダメージを受けており、生き残るための新たな飲食店業態としても注目されています。

ちなみに、バーチャル(仮想の)レストランと呼ばれる場合もあります。

ゴーストレストランの3つのメリット

では、普通に店舗を持つレストランに比べて、ゴーストレストランにはどんなメリットがあるのでしょうか?

主に3つのメリットがあります。

  1. 初期費用を抑えられる
  2. 人件費を抑えられる
  3. 変化に対応しやすい

順番に説明していきます。

1.初期費用を抑えられる

ghostrestaurant

飲食店を始めるとき、一番の悩みのタネが初期費用(主に店舗代)。スケルトン物件、居抜き物件どちらにしても、莫大な資金が必要で、最低でも1,000万円ほど確保しなければ安心して運営していくことも困難です。

そんなハードルのが高いとされている飲食店の開業。この業界の当たり前に風穴をあけ、初期費用を抑えて開業できるのがゴーストレストランの一番のメリットです。

席なし、レジなし、場合によってはキッチンもなし?

ゴーストレストランには、席が必要ありませんし、レジも必要ありません。場合によってはキッチンさえありません。お客さんとの繋がりはネット上のみで完結しているので、普通の飲食店では絶対に必要になる設備がいりません。

2.人件費を抑えられる

ゴーストレストラン 人件費

店舗がないということは、接客する必要がないので当然人件費も抑えられます。さらに、注文はすべてオンラインでうける為、注文が増えすぎたら受付を中止するなど、混雑状況をコントロールしやすいというメリットもあります。

オンラインで注文数をコントロールしやすいので、余計な調理スタッフを抱え込む必要がなく、人員コストが効率的になります。

3.変化に対応しやすく、スピード感のある運営ができる

普通の飲食店だと、最初に決めた業態やコンセプトを簡単には変えることができません。例えばカレーを売りにしていたお店が、売り上げが減少したからといって、韓国料理が売りのお店にする事は困難ですよね。

ゴーストレストランでは、こういった売り上げや状況によって業態やコンセプトを変化させる事が比較的簡単にできます。店舗という縛りがない事で、お客さんの反応をみて「別の業態にしよう!」など、フレキシブルな対応が可能なんです。

東京にある(実店舗はないですが・・・)ゴーストキッチンズなどは、まさに柔軟に変化する事で売り上げを伸ばしているゴーストレストランです。最初はカレー業態、次にサラダボウル、麻婆豆腐、ジャンク料理、スープなどなど常に変化する事で進化しています。

ゴーストレストランの課題

メリットの多いゴーストレストランですが、課題もいくつかあります。

販売手数料が高くつく

デリバリーサービスを使う事が必須となりますが、配送料金や販売手数料は意外に高くつきます。

  • Uber Eats・・・配送手数料38%
  • 出前館・・・初期費用35,000円・月額料金3,000円・配送手数料5%

代表的なデリバリーサービスであるUber Eatsと出前館にかかる費用は上記の通りです。Uber Eatsは初期費用や固定費用はかかりませんが、販売手数料が38%とかなり高いです。月に100万円の売り上げがあっても38万円はUber Eatsに持っていかれます。

こういった販売にかかる手数料が飲食店経営を圧迫する可能性は大いにあります。ただ、独自で配送システムを設けるのは現実的にも厳しく、既存のプラットフォームに依存せざるをえないのが現状です。

プロモーションには工夫が必要

店舗がないということは、通りがかりのお客さんがたまたま来店してもらうということがありません。数あるデリバリーを行っている飲食店の中から、オンライン上でクリックしてもらい注文まで漕ぎ着ける必要があります。

そのために、プロモーションには力を入れないと全く注文が入らない可能性も。そこでSNSなどで積極的にプロモーションをかけて、魅力をアピールし続けて他の飲食店と差別化していかなければなりません。

https://www.instagram.com/p/B3a5sxxF9oY/?utm_source=ig_web_copy_link

まとめ

新しい飲食店のカタチである「ゴーストレストラン」。

デリバリーを頼み、家で飲食店の味を楽しむ事が増えた今、ますますゴーストレストランは普及していくでしょう。販売手数料の負担やプロモーションの難しさなどの課題はあるものの、飲食店を始める側としても低リスクで始められるなどのメリットも多いです。

もしかしたら数年後には、ゴーストレストランが飲食店のメインストリームになっているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です